〜ピアノの詩人 フレデリック・ショパン 没後170年〜
1849年、39歳という若さでこの世を去ったフレデリック・ショパン。
その生涯はドラマティックなものでした。
作曲家、ピアニストとして「ピアノの詩人」とうたわれたショパンの作品を、リスト国際ピアノコンクールで日本人初の第1位を受賞した岡田将のピアノでお楽しみいただきます。
ご案内は神戸元町ミュージックウィーク「パイプオルガンの夜」シリーズを展開している追中宏美。
9月の昼下がり、ショパンに出逢ってみませんか?
フレデリック・ショパン作曲 Frederic Chopin(1810〜1849)

ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53「英雄」Polonaise No.6 “Heroique”Op.53(1843)
バラード 第1番 ト短調 作品23 Ballade No.1 Op.23(1835)
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 Sonate pour piano Op.58(1844) ほか
※都合により曲目が変更になる場合があります。


追中 宏美
Hiromi OINAKA
岡田 将 Masaru OKADA
桐朋女子高等学校音楽科在学中に日本音楽コンクール優勝。
モーツァルテウム音楽院、ベルリン国立芸術大学に留学。
1999年オランダのリスト国際ピアノコンクールに日本人として初めて優勝。リスト生誕200周年の2011年には東京と神戸でオール・リスト3回シリーズを開催。
2013年にはバッハ:パルティータ全6曲を一晩で演奏し高い評価を得た。
2014年から2年間にわたるベートーヴェン:ピアノソナタ全32曲シリーズ(全8回)を開催。
2018年にはリスト:超絶技巧練習曲全曲コンサートを開催し、音楽ファンに衝撃を与えた。
また、同年12月にはスペインの巨匠チェリスト ルイス・クラレットとの共演でCD『ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集』(オクタヴィア/レコード芸術準特選盤)をリリース。高い評価を得ている。
出光賞、日本ショパン協会賞、坂井時忠音楽賞、兵庫県芸術奨励賞などを受賞。現在、神戸女学院大学准教授。

往復ハガキの〈往信裏面〉と〈返信表面〉に(1)住所 (2)氏名をご記入下さい。
※コピーの熱により文字が消える場合がありますので消せるボールペンのご使用はお避け願います。
※お申込みハガキ1枚で1組(ペア)の受付とさせて頂きます。ただし複数のお申込みは受付できません。

申込先 〒650-0022 神戸市中央区元町通3丁目13−1協和会館内「9/28 主催コンサート」係
申込み締め切り日は、9月5日(木)(当日必着まで有効)です。
お申込み多数の場合は厳正な抽選の上、当選者には返信ハガキで 9月15日(日)迄 にお知らせ致しますので、返信ハガキに必ず宛先をご記入ください。
神戸元町商店街周辺地域 URL:mmw.jp
●各コンサートに関するお問い合わせは→078(391)8448まで※受付時間(平日9:00〜17:00)
主催:神戸元町ミュージックウィーク実行委員会/神戸元町商店街連合会
後援:兵庫県/神戸市/神戸市教育委員会/(公財)兵庫県芸術文化協会/(公財)神戸市民文化振興財団
協賛:南京町商店街振興組合